人気があるカーテンの種類や特徴を把握しよう

オーダーカーテンで好みのものを注文!費用の相場は事前に確認する

interior.net

ブラインドとロールスクリーンの違い

ブラインドは1つで2役ができるもの

ブラインドはドレープ(カーテン)とレースの2役ができるものです。光や視線を一緒に調節できるように作られています。カーテンのようにふんわりしないので窓回りはすっきりします。

ロールスクリーンはコンパクトに収納できる

ロールスクリーンはカーテンやブラインドと違い、一番コンパクトに収納できます。窓回りをすっきりさせたいのであれば、ロールスクリーンが向いています。ただし、上げてしまうと視線が入るので注意が必要です。

人気のカーテンカラー・ベスト5

no.1

(1)ワッフル光沢カーテン

カーテンの生地に光沢がある素材が使われているので、色調を選ぶと高級感を感じます。どんな部屋にも汎用性があるので人気があります。また、扱いやすいのも特徴です。

no.2

(2)1級遮光カーテン

光を適度に遮ってくれ、しかも重厚感がないので部屋の印象が重くなりません。カラーに関しても色柄が豊富にあるので、インテリアに合わせられると好評です。

no.3

(3)アジアンレース重ね1級遮光カーテン

リゾート風のファブリックカーテンです。アジアン風の家具に合わせて新調する方も大勢いらっしゃいます。レース重ねなのに遮光になっているのが特徴です。

no.4

(4)1級遮光・断熱・防音カーテン

遮光と断熱・防音のすべてを兼ね備えた人気にカラーカーテンです。ピアノやバイオリンを練習するお部屋に最適です。また、ダイニングなど家族が集まる部屋にも向いています。

no.5

(5)防炎1級遮光カフェカーテン

光・視線・防炎というカフェカーテンです。キッチンなどの火を使う場所に向いています。カフェサイズがあまりないということで、人気があります。色・柄が選べるのも魅力です。

人気があるカーテンの種類や特徴を把握しよう

婦人

オーダーカーテンのメリット

オーダーカーテンの一番のメリットは、窓の大きさにぴったりなサイズを作ることができる点です。幅や居丈も指定のサイズが可能なので、自分の趣味のインテリアと合わせることも可能です。窓に特徴がある場合は、既製品では収まらないこともあります。また、インテリアのセンスに合わないということもあるので、その点オーダーカーテンならどんな状態でも合わせることが可能です。

オーダーカーテンの費用相場について

オーダーカーテンは、どこに依頼するのかによっても費用相場が変わります。安い量販店でも最近はオーダーカーテンがありますが、既製品に近い形になります。遮光カーテンとレースカーテン、タッセルなどを考えると窓一つで2万円からというのがおおよその費用相場です。その他に、カーテンレールや工事代などを入れると1万円程度追加になります。

広告募集中